東北で暖かい家を建てました

家を建てようと決めたきっかけは、東北への転居です。
土地が安いので、寒いアパートではなく暖かい家を建てたいと思いました。
実際、転居してしばらくは借家に住んだのですが、寒すぎて床や壁が結露するなど、暮らし辛い経験をしました。(カビにも困りました)
建てて一番良かったと思うのは、やはり暖かいことで、暖房費も安くなったし、健康が脅かされることもなくなりました。
家のこだわりは、間取りを自分たちで決めたところです。特に2階は、全ての部屋がお互い繋がっている(ドアで)ので、動線がスムーズな上、家族とのコミュニケーションも円滑で気に入っています。
後悔スポットは、1階の風呂、トイレです。
将来同居する義両親の希望で、風呂を広く、トイレをその分狭くしました。
東北なので、風呂が広いと寒い上、将来介護することを考えると、狭いトイレは使いづらいように思います。
家づくりのために気を付けるポイントは、自分の意見をちゃんと言うことだと思います。
家は一番長く過ごす場所なので、気に入らないポイントは、ずっとストレスになり続けるからです。

PR|練馬区の戸建てリフォーム