住宅の造作家具は天井までシューズクローク

平和台に新築で注文住宅で建てたわが家で「ここは造作家具にして良かったなー」と思うところは、玄関のシューズクロークです。下駄箱を買って玄関土間に置くのではなく、大工さんに造作家具として、天井までのシューズクロークを作ってもらいました。そのことが「良かったなー」と思うところです。

造作家具を作ってもらう費用は、市販の家具と比較してみたら、確かに高くはあるのですよ。しかし、玄関に下駄箱をおいて、その上の天井までの空間部分って無駄だなーと感じていましたので、だからこそ天井までのシューズクロークを作ってもらう方がいいと思ったのです。だって、空間を有効活用できるじゃないですか。

下駄箱の上に空間があったところで、花を生けた花瓶を飾るわけではないですし、それに小物を置いたりするわけでもないですからね。なので、それならば天井までのシューズクロークを作ってもらう方がよっぽど有意義だと思ったのです。そしてまた、シューズクロークをDIYすると失敗しそうでだからこそプロに頼んだというわけです。